スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)

 大相撲の野球賭博をめぐり、警視庁が大嶽親方から事情聴取していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。 

【関連ニュース】
琴光喜関恐喝容疑で捜査へ=組関係者が賭博口止め料
再建の「実」どこまで=武蔵川理事長ようやく会見
言葉失う佐渡ケ嶽親方=長身すぼめ謝罪
琴光喜関を再聴取=野球賭博疑惑で
琴光喜関が名古屋場所自粛=賭博問題、処分先送り

児童の成績入りかばん盗難 兵庫・芦屋(産経新聞)
<高速無料化>実験28日開始 宮崎2区間を年内追加(毎日新聞)
クマに“お仕置き” 人と共生へ秘策(産経新聞)
自衛隊を1500人態勢に=防疫作業、地元要請に対応―防衛相(時事通信)
火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)

国民新、新党日本が衆院統一会派=民主への発言力確保狙う(時事通信)

 国民新党の亀井静香、新党日本の田中康夫両代表は8日、国会内で会談し、衆院統一会派「国民新党・新党日本」の結成で正式に合意し、衆院事務局に届け出た。これに伴い、田中氏は民主党会派を離脱した。社民党の政権離脱を踏まえ、民主党への発言力を高めるのが狙いとみられる。
 両党は参院選で「広範かつ緊密な選挙協力を行う」ことでも合意。亀井氏は会談後、記者団に「田中氏と手を組んで(与党内で)ぐんぐんやっていく」と強調。田中氏は「大きな二つの政党のみならず、唐辛子のような政治勢力の結集が極めて肝要だ」と述べた。 

<裁判員裁判>強盗致傷の被告供述翻す 難しい判断に 東京(毎日新聞)
パキシルの販売を8月からGSKに一本化(医療介護CBニュース)
菅内閣、閣僚たちはこんな人(産経新聞)
菅氏代表選出馬へ、鳩山後継政権4日発足(読売新聞)
転売目的か 受診の生活保護受給者、4人に1人が基準量超の向精神薬入手(産経新聞)

阿久根市長独断、職員・市議・市長のボーナス半減(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が独断で、一般職員211人や市議16人、市長のボーナスをほぼ半額にする条例改正の専決処分を28日に行ったことが分かった。

 市職員労働組合や市議会に説明をしておらず、対立激化は必至とみられる。

 市によると、職員のボーナスは、期末手当に勤務評価を反映した勤勉手当を加え、年2回支給している。

 今回、竹原市長がカットしたのは期末手当。給料月額に一定の乗率を掛けて算出しているが、改正後の条例(夏季)は、職員の乗率を1・25倍から約7割減の0・34倍に引き下げた。勤勉手当は現状維持だが、市は「実際のボーナス支給額は約半分になる見込み」と説明している。

 地方自治法によると、専決処分は議会で議決すべき事項などについて首長が決定する行為で、災害発生時のような議会を招集する時間的余裕がない場合などにできる、と定めている。

ネットに個人情報公開され…退職や懲戒処分も(読売新聞)
【風】「ワクチン行政」医師悲鳴(産経新聞)
小室哲哉氏の会社に4万ドル支払い命令(産経新聞)
浜教組の行為は教育介入 自民・義家議員が指摘(産経新聞)
小4男児、9階から転落=木で一命取り留める―東京(時事通信)

<刑務官暴行>革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)

 名古屋刑務所で01、02年に起きた刑務官による暴行事件で、死傷した元受刑者と受刑者の遺族計5人が国家賠償法に基づき、国と当時の刑務所長、刑務官ら計11人に計約1億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、名古屋地裁であった。戸田久裁判長は受刑者の腹部を革手錠のベルトで締め付けた行為を違法とし、死傷との因果関係を認定。国に計8910万円の支払いを命じたが、刑務官ら個人については「原告に対してではなく、国の求償権に対して支払い義務を負う」として原告に対する賠償責任は認めなかった。

 訴えていたのは、元受刑者2人と死亡した受刑者1人の遺族。被告は同刑務所の副看守長だった前田明彦被告(48)=特別公務員暴行陵虐致死罪などで有罪、上告中=ら実行行為者とされる8人と、桜井智舟・元同刑務所長ら管理監督者3人。

 訴えによると、前田被告らは01、02年、懲らしめ目的で男性受刑者3人の腹部を革手錠で強く締める行為を繰り返し(1)02年5月には受刑者(当時49歳)を死亡させ(2)同9月には受刑者(37)を腸閉塞(へいそく)にし(3)01年10月〜02年2月には受刑者(44)を心的外傷後ストレス障害(PTSD)に陥らせた。

 判決は検察側が刑事事件として起訴しなかったPTSDについても訴えを認めた。

 訴訟で原告側は革手錠の使用を「違法な暴行行為」と主張。実行行為者や管理監督者は革手錠の危険性を認識しながら適切な使用や注意・指導義務を怠り、個人としても賠償責任を負うと訴えた。一方、被告側は革手錠の使用を「合理的な裁量権の範囲」と主張。また公務員が他人に損害を与えた場合に国が賠償責任を負うことを定めた国家賠償法上、「個人に賠償責任はない」と争っていた。

 被告のうち前田被告ら5人は特別公務員暴行陵虐致死傷罪などで起訴され、1人は1審で無罪が確定、4人は有罪判決を受けて上告中。1、2審とも革手錠と死傷の因果関係を認めた。【高木香奈】

 【ことば】名古屋刑務所暴行事件

 02年5月と9月、受刑者2人の腹部を革手錠で締め付け死傷させたとして刑務官6人が特別公務員暴行陵虐致死傷罪などで起訴された。うち1審で有罪が確定した1人を除く5人が国家賠償請求訴訟の被告にもなった。01年12月に受刑者の尻に放水し、直腸に裂傷を負わせて死亡させたとして刑務官3人が同致死罪などで起訴される事件もあり、両事件で起訴された1人は1審で有罪が確定、2人は有罪判決を受けて上告している。

【関連ニュース】
<関連記事>首つり死亡:独房で男性受刑者 名古屋刑務所
<関連記事>自殺:また、名古屋刑務所の独房で
<ロス疑惑>三浦和義元社長:移送先ロスの留置場で自殺
<関連記事>松本少年刑務所:受刑者がデザインのTシャツ販売 
<関連記事>米国:マルコムX暗殺関与の受刑者仮釈放 45年ぶり

口蹄疫 大阪府が全農家に消石灰配布へ(産経新聞)
首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」を擁護(産経新聞)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
橋下新党「大阪維新の会」、補選で初陣飾る(読売新聞)
普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)

アルパイン、宇佐美専務が社長に就任(レスポンス)

アルパインは22日、宇佐美徹専務が社長に就任する人事を内定したと発表した。6月下旬開催の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

石黒征三社長は代表権を持つ会長に就任する。経営層の若返りとともに、代表取締役を2人体制とし、経営のスピードアップと企業体質の強化を図る。

宇佐美氏は東京電機大学卒業後、1974年にアルプス電気に入社、1991年にアルパインの第一国際部長、2004年に取締役、2008年に常務、2009年に専務に就任した。59歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
日本板硝子、元デュポン副社長が社長就任へ
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ副社長に昇格
フォーミュラ・ニッポン JRP 新社長…中嶋会長と再タッグ
アルパイン 特別編集

基礎収支黒字化か赤字比率削減=数値目標絞り込みへ−財政健全化法案(時事通信)
JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き(産経新聞)
<傷害>小3長男殴る…容疑の父逮捕 広島県警(毎日新聞)
手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)

家庭のライター、回収も検討へ=子供火遊び対策−消費者庁(時事通信)

 ライターを使った子供の火遊びが原因とみられる火災が相次いでいることを受け、大島敦内閣府副大臣(消費者庁担当)は15日、新たな事故防止のため、家庭にある使い捨てライターの回収も含めた対応を検討するよう同庁に指示した。
 使い捨てライターをめぐっては、経済産業省の審議会が、子供が着火しにくい機能を新たに義務付ける方向で議論を進めている。年間6億4000万個が販売されており、家庭などに相当量が流通している。
 大島氏は「捨てるに捨てられず、家庭にたまっている製品も多い」と指摘。消費者庁は、回収箱を設けたり、ゴミ収集に出す方法を啓発したりするなど、家庭で使われないままの製品を減らすため、どのような方策が取れるか検討するという。 

【関連ニュース】
ドロップシッピング業者に業務停止=「確実にもうかる」と虚偽勧誘
住金物産製の布団に誤表示=「カシミヤ入り」実はウールだけ
事故情報を手軽に検索=データバンク、4月1日稼働
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も

中国ヘリ接近、抗議は4日後=政府対応を自民批判−衆院委(時事通信)
水俣病 救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)
血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え−東京(時事通信)
立山黒部アルペンルート全面開通(産経新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)

熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)

 熊本県の八代から人吉を通り鹿児島県の隼人に抜けるJR肥薩線は明治42(1909)年に全線開通し、昭和2(1927)年に八代〜川内〜鹿児島の海岸ルートが開通するまでは「鹿児島本線」を名乗っていた。「山線」の愛称で親しまれる人吉〜吉松(鹿児島県)間は、カルデラの火口壁を越える峠越えで、急勾配(こうばい)を克服するため、国内初のループ線やスイッチバックなどの工法が採用されており、えびの盆地越しに霧島連山を望む風景は「日本三大車窓」と評される。

 ■鉄道ファンでなくても満喫

 JR九州では、平成8年から「いさぶろう」「しんぺい」という観光列車を運転し、肥薩線を鉄道遺産として積極的に売り出している。

 吉松から「しんぺい2号」に乗車してみた。車内は木製インテリアで統一、展望スペースもある。次の停車駅「真幸(まさき)」は、スイッチバックの駅。ホームには「幸福の鐘」も設置されている。列車は進入とは逆の方向に数百メートル走り、再び方向を変えて山を上っていく。この日は、あいにくの曇り空で、日本三大車窓を拝むことはできなかったが、気分は爽快。気象条件が良ければ、桜島をも眺められる。次の「矢岳(やたけ)」は、標高537メートルと肥薩線で最も高い位置にある駅。駅前には蒸気機関車(SL)D51を留置した「SL展示館」もある。

 列車は峠を越え、肥薩線の最大のクライマックス「ループ線」を駆け下りていく。急勾配ゆえ、眼下に「大畑(おこば)」駅まで大きく旋回しスイッチバックで駅に入っていく。大畑の駅舎は明治42年の開業当時のまま。蒸気機関車の石造給水塔も残っており、SL全盛時代を懐かしむことができる。しんぺい号は、さらに山を下って終点の人吉へ。吉松から1時間の“癒やし系鉄道旅”だ。

 ■SL入庫シーン…昭和の躍動感って素晴らしい

 JR九州は、ほかにも旅に出たくなるような列車を数多く世に出している。「ゆふいんの森」「はやとの風」「ハウステンボス」「かもめ」「ソニック」など斬新デザインと遊びごころのある列車は、鉄道ファンならずとも魅了される。肥薩線には、別府〜大分〜阿蘇〜熊本〜八代〜人吉を結ぶ「九州横断特急」という観光列車も乗り入れており、3月から11月末までは人吉〜熊本間で「SL人吉」も運転され、週末や夏休みを中心に大いに賑わう。

 SL人吉を引っ張る蒸気機関車は「ハチロク」の愛称を持つ「58654号機」。大正11(1922)年に新造され、九州各地で活躍した後、昭和50(1975)年に役目を終えた。前述の矢岳駅前の展示館で静態保存されており、JR発足後の昭和63年に現役復帰し、平成17年に老朽化による故障で引退するまで、豊肥本線で「SLあそBOY」を牽引(けんいん)。当初は修復不能とみられていたが、JR九州小倉工場でリニューアルされ、昨春「SL人吉」牽引車として奇跡の再復活を果たしたのだ。

 人吉駅の裏には全国唯一の石造鉄道車庫が現存。ターンテーブルと呼ばれる蒸気機関車の転車台もあり、見学もできる。元機関士など鉄道マンOBによる解説が随時行われており、身近で見るハチロクの方向転換や機関庫への入庫シーンは迫力満点だ。

 午後2時39分に発車する上りのSL人吉で八代に向かった。ホームには名物駅弁「鮎ずし」を販売するおじさんの威勢のいい声が響く。1、3号車には展望ラウンジ、2号車にはビュッフェもあり、車内限定の駅弁「ごっつお(=ごちそう)弁当」や球磨(くま)焼酎、地ビール、焼酎アイスクリームなどが味わえる。ガタゴトと揺られながら飲むビールも格別。女性客室乗務員が手作りの「みどころMAP」を配ってくれるのもうれしい。

 列車は日本三大急流の球磨川沿いを走り、「第一」「第二」の大きな橋梁(きょうりょう)を2か所渡る。いずれも明治時代に米ニューヨークで製造されたもので、この橋梁や人吉機関庫、スイッチバック、駅舎などの肥薩線の鉄道施設群は経済産業省の「近代化産業遺産」として認定されている。

 球磨村にある「一勝地(いっしょうち)」駅では、縁起の良い駅名にあやかり「必勝お守り記念入場券」を発売。対向列車の待ち時間を生かして、村の人々による特産物の販売も行われ、ホームは乗客であふれる大盛況だ。次の停車駅、白石の駅舎は築100年以上、坂本には貨物列車用の低いホームが残り、開業当時の風情がいまなお残る。沿線の人々も手を振ってくれ、気分は上々。約2時間のSL旅、アラフォー世代の悩みも疲れも吹っ飛ばしてくれた。

【関連記事】
熊本・人吉 米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近
2月の旅行取扱額、19カ月連続で減少 訪日外国人旅行は3割弱増える
太古のスギも宇宙開発も 種子島・屋久島
外国人地方参政権問題に一石

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」−米貨物機炎上・安全委(時事通信)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減−春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)
<殺人・死体遺棄>貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警(毎日新聞)

プロバイダーに情報開示義務=ネット中傷書き込みで初判断−最高裁(時事通信)

 携帯電話を通じてインターネットの掲示板で中傷の書き込みをされた男性らが、NTTドコモに書き込んだ相手の氏名や住所の開示を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は8日、権利侵害が明らかな場合などには、発信者情報を開示しなければならない事業者に、携帯電話会社などのプロバイダーも含まれるとの初判断を示し、ドコモ側の上告を棄却した。ドコモに開示を命じた二審判決が確定した。
 同小法廷は、インターネットでの情報発信は、プロバイダーを利用するのが普通で、プロバイダー以外が発信者の住所、氏名を把握していることは少ないと指摘。プロバイダーが開示対象に含まれなければ、加害者の特定を可能にし、被害者の権利救済を図るという法律の趣旨を損なうと判断した。 

【関連ニュース】
ソフトバンク、初の純減=「2G」終了が響く-3月携帯契約
携帯接続料引き下げ、日本を評価=中国は「透明性欠如」-USTR報告書
携帯「SIMロック」解除=利便性向上へ主要4社が合意
ドコモが新スマートフォン
ケータイで傷害保険=ドコモが東京海上と提携、4月から

「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子(医療介護CBニュース)
ギリシャ支援準備で合意=中身は示さず−ユーロ圏財務相
密約開示判決 「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)
「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編 平沼代表ら5議員(産経新聞)
放火容疑で元社員再逮捕=外装会社元役員の車燃やす−警視庁(時事通信)

自転車事故「欠陥が原因」=四肢まひの男性が輸入元提訴−東京地裁(時事通信)

 イタリアのブランド「ビアンキ」の自転車から前輪部分が突然外れて転倒し、四肢まひの障害が残ったのは、設計上の欠陥が原因だとして、茨城県つくば市の自営業中島寛さん(60)と妻が5日、輸入元のサイクルヨーロッパジャパン(東京都千代田区)に約1億6000万円の損害賠償を求める訴えを、東京地裁に起こした。
 訴状によると、中島さんは2002年4月に自転車を購入。08年2月に通勤で乗っていた際、前輪部分と本体とをつなげていたサスペンション装置のばねが破断して事故に遭った。ばねは装置内部にたまった水で腐食していた。
 自転車は台湾製で、サイクル社が輸入して「ビアンキ」ブランドで卸していた。サスペンション装置も台湾製で、過去に同型の装置で同様の事故が起きていたという。
 サイクルヨーロッパジャパンの木村恵代表の話 訴訟に至ったので、詳細については裁判の中で明らかになると考えている。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
線路に自転車投げ入れ=容疑で男逮捕、同様被害相次ぐ
事故情報を手軽に検索=データバンク、4月1日稼働
強盗容疑で44歳男を逮捕=信金から300万円強奪
信用金庫で300万円強盗=刃物で女性職員脅す

市のツイッターが縁、米子ゆるキャラ「ヨネギーズ」商品化(産経新聞)
犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
カンガルーケア事故報告受けながら対応先延ばし 厚労省(産経新聞)
別の1人も遺体発見=宝剣岳遭難−長野(時事通信)
足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)

マンション侵入、現金強奪 強盗致傷容疑で男逮捕(産経新聞)

 マンションの一室に押し入って現金を奪い女性にけがをさせたとして、警視庁向島署は、強盗致傷の疑いで住所不定、無職、佐野伸二容疑者(46)を逮捕した。同署によると、佐野容疑者は「やったのは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は23日午後7時50分ごろ、東京都墨田区京島のマンションの一室で、応対に出た女性会社員(39)に刃物を突きつけて室内に侵入し「主人を出せ、声を出したら殺すぞ」などと脅迫、現金約3万円が入った手提げバッグを奪い、抵抗した女性に軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、防犯カメラの画像をもとに犯人の行方を追っていたところ、25日朝に同区内の路上で、犯人とよく似た佐野容疑者を同署員が発見。同署で事情を聴いたところ、関与を認めたという。

【関連記事】
「追われている」が「お前なんかどうにでもなる」に 女性乱暴容疑の男逮捕
汚物持ってベランダに侵入 住居侵入容疑で無職男逮捕
TVで間取り紹介直後…マダムシンコ会長宅に空き巣、3億円被害
「覚醒剤買うため」約60件盗み 大阪府警が男を窃盗容疑で逮捕
マンション侵入し女性乱暴の男逮捕 携帯に電話、女性警察官の機転で

<桑田真澄さん>早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
女性駅員に下半身露出=容疑で消防士逮捕−警視庁(時事通信)
九州西岸の副振動、小さく=沖縄は強風、高波注意−気象庁(時事通信)
重文の仏像盗難…収蔵庫の扉こじ開けられる(読売新聞)
火振り神事 炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
ライブチャット
クレジットカード現金化
競馬サイト
クレジットカード現金化 比較
情報商材
ショッピング枠現金化
現金化
借金整理
selected entries
archives
recent comment
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    AtoZ (08/29)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    志波康之 (01/14)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    桃医 (01/09)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    道隆 (01/03)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    ナーマソフト (12/24)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    晶太郎 (12/19)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    ゴンボ (12/16)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    夜沢課長 (12/07)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    ポロネーゼ (12/03)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM