スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「引退と捜査は別の話」=朝青龍問題で警視庁(時事通信)

 大相撲の横綱朝青龍の引退表明を受け、警視庁は4日、知人男性にけがをさせたとされる問題について「引退と捜査は別の話だ」としており、これまでと同様に捜査する方針だ。
 電話で説明を求めても、男性は「もう終わった話」としており、同庁麻布署は来週以降に事実関係を確認した上で、朝青龍からの事情聴取が必要かを検討する。
 朝青龍は先月16日未明、東京都港区で酒に酔い、飲食店関係者の男性に暴行し、顔にけがをさせたとされる。
 捜査関係者によると、朝青龍は同店を出た際にトラブルになったとみられ、多数のファンに囲まれたため、男性が間に入ったほか、男性が「頑張れ」と言ったため、朝青龍が怒ったなどの情報がある。
 同店前から2人は車に乗り、1キロ先で停車。男性は車内で殴られた可能性がある。
 男性は、交通事故処理中の同署員に助けを求めて経緯を説明。同署は朝青龍のマネジャーから任意で事情を聴くなどした。マネジャーは当時、現場に呼び出されたといい、ほかに運転手もいた。
 朝青龍と男性は同29日に示談。被害届は出されておらず、朝青龍側の弁護士は示談金額などが記載された文書を同署に提出している。 

【関連ニュース】
【特集】朝青龍騒動記〜ついに引退表明〜
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕貴乃花親方
〔写真特集〕大相撲 横綱朝青龍
成田山で恒例の豆まき=暴行問題の朝青龍関欠席

目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明−秋葉原殺傷第3回公判・東京地裁(時事通信)
「カルガモ走法」運送業者追送検 兵庫県警(産経新聞)
日弁連会長決まらず 史上初の再投票に(産経新聞)
41歳清水名人、17歳里見倉敷藤花に「関根名人記念館」を案内…31日・女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
<脳細胞>「ひげ」右回り 左右の脳の機能分担生じる原因か(毎日新聞)

<立春>各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)

 立春の4日、北日本から東日本の上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、東京都心でも氷点下0.4度まで下がるなど、各地でこの冬一番の冷え込みとなった。気象庁によると、北海道では日高町で氷点下27.8度を記録するなど、4地点で観測史上最低を更新した。

 気象庁によると、▽栃木県鹿沼市=氷点下6.9度▽埼玉県越谷市=同5.7度▽前橋市=同4.3度▽千葉市=同1.1度−−などでもこの冬一番の冷え込みで、平年を2〜5度程度下回った。また、北陸地方は大雪となっており、新潟県では24時間降雪量が60センチを超えた所もある。

 5日以降も全国的に厳しい寒さが続く見込みで、北陸では大雪に警戒が必要だという。

 寒さの影響で、パンタグラフの凍結が原因とみられるトラブルが相次いだ。4日午前6時半ごろ、さいたま市南区南浦和2のJR京浜東北線南浦和駅に隣接する車両基地で、電車7編成が動かなくなった。同線の上下7本が運休、12本が最大15分遅れ、約1万3000人に影響した。

 4日午前6時35分ごろには、東京都北区東田端1のJR宇都宮線尾久−上野間を走行中の回送電車が加速できなくなり、運転を取りやめた。パンタグラフ凍結で十分な電流が流れなかったためとみられる。常磐線と高崎線の下り電車計2本が運休し、500人に影響が出た。【福永方人、山崎征克、堀智行】

【関連ニュース】
大雪:新潟で100センチを予想 4日午後6時までに
雪:交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明

爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
民家で高齢夫婦? 遺体=近くに遺書、自殺か−警視庁(時事通信)
覚せい剤摘発、過去最多=5割増の164件−昨年の密輸取り締まり(時事通信)
参院選「小沢氏仕切って」 首相(産経新聞)
新幹線、3時間半ストップ=新横浜〜小田原間で架線切れ−JR東海(時事通信)

やくみつる氏、「遅きに失した」=内舘牧子さん「安堵した」=朝青龍引退表明(時事通信)

 横綱朝青龍の引退表明について、日本相撲協会生活指導部特別委員会外部委員の漫画家やくみつる氏と前横綱審議委員会委員の脚本家内舘牧子さんに意見を聞いた。
 漫画家やくみつる氏 遅きに失した感はあるが、理事会や横綱審議委員会からの(引退勧告などの)深刻な通達を事前に予期して、「今度ばかりは逃げ切れない。過去の優勝歴もそのまま残る」という打算が働いたぎりぎりの選択をしたと思う。暴行問題への対応では、事件化を避けて厳しい処分を免れようともくろみ、真相に迫れないよう示談を進めたが、そのことが逆に「そういった事態(暴行問題)があった」と反証する結果となってしまった。
 師匠の高砂親方の責任については、本来なにがしかの処分があるべきだが、減俸や降格で済むような問題とは違う。ここまで有能な人材を機能させられなかった、最後まで師弟関係を再構築できなかったという親方としての資質を問われることになる。(談)
 脚本家内舘牧子さん 朝青龍が自ら引退したことはベストの選択だったと思います。出処進退は自ら決めるというのは角界の美意識でもありますし、横綱たる者がいかなる処分でも勧告されて従うのは恥ずかしいことです。「天敵」と呼ばれた私ですが、この選択に安堵(あんど)しております。
 今後、日本であれ他の外国であれ、どこかで何かの仕事をなさるでしょうが、その際、その国とその業界、およびその仕事に対し敬意を払うことを忘れないでほしいと思います。朝青龍は日本に、角界に、そして相撲という仕事に、敬意が欠けていた。それを持てば、彼のよさがもっとあらわれ、そして評価されると考えています。(文書で)。 

<皇太子さま>メキシコ交流展式典に出席(毎日新聞)
殺人の時効廃止 法制審部会 改正骨子案 進行中事件にも適用(産経新聞)
「嵐」松本潤さんが追突事故 雪でスリップか 東京・目黒(産経新聞)
18歳高校留学生、学生寮で20歳留学生刺す(読売新聞)
静岡の男性無事発見=八ケ岳連峰登山中−長野県警(時事通信)

船橋のネコ餌やり殺人 懲役18年を求刑(産経新聞)

 千葉県船橋市で昨年8月、ネコの餌やりを巡るトラブルから、無職の女性=当時(64)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた同市習志野台の無職、林喜市被告(70)の裁判員裁判第2回公判が4日、千葉地裁(小坂敏幸裁判長)であった。

 検察側は「理不尽で残酷な犯行。遺族は厳罰を望んでいる」として懲役18年を求刑。弁護側は「同様事件の量刑から考慮を」として懲役10年を主張、結審した。8日に判決が言い渡される。

 起訴状によると、林被告は昨年8月27日、同市習志野台の路上で女性に対し、殺意を持って、携帯していた牛刀で女性の腹部を2回突き刺して殺したとされる。

 殺人罪での裁判員裁判は県内初。

【関連記事】
「野良猫エサやり殺人」 トラブル絶えない70男の暗い情念
「猫に餌」を注意され隣家女性を刺殺 70歳の男を逮捕 千葉
サル餌やり禁止条例を全会一致で可決 大阪・箕面
「道の駅」清掃員、出勤簿のトラブルで同僚殴る 秩父
セルフ給油所でトラブル、ガソリン浴びせた男逮捕

玄関開くと…カモシカ!夫婦襲われけが、籠城9時間(読売新聞)
天皇、皇后両陛下 メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)
バイク販売めぐりトラブル 集団暴行容疑で少年4人逮捕(産経新聞)
<入試問題ミス>関西学院大で「化学」の問題文に誤植(毎日新聞)
<山梨殺人>新聞販売店員殺害容疑 知人の男を指名手配(毎日新聞)

<将棋>羽生が勝利、1勝1敗に…王将戦・第2局(毎日新聞)

 栃木県大田原市のホテル花月で28日から行われた第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第2局は29日午後7時16分、123手で羽生善治王将(39)が挑戦者の久保利明棋王(34)を降し、対戦成績を1勝1敗とした。残り時間は双方1分。

 第3局は2月10、11日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる。

【関連ニュース】
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:卒業後も出雲で活動…高校生棋士・里見香奈さん
将棋:アマ王将位大会 さいたま市の遠藤正樹さんが初優勝
将棋:1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局
将棋:久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局

<子育て支援策>「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増(毎日新聞)
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索−町村会汚職・福岡県警(時事通信)
3大都市圏の人口集中止まる…仕事・異動減り(読売新聞)
<普天間移設>検討委、3月末に候補地決定(毎日新聞)
改めて「普天間継続使用含め検討」 官房副長官(産経新聞)

<訃報>相原真理子さん62歳=コーンウェルらの作品翻訳(毎日新聞)

 相原真理子さん62歳(あいはら・まりこ=翻訳家)1月29日、心不全のため死去。葬儀は3日に済ませた。喪主は夫桂一郎(けいいちろう)さん。

 パトリシア・コーンウェルの推理小説「検屍官」シリーズや園芸家のターシャ・テューダーの著書などの翻訳を手掛けた。

<陸山会土地購入>小沢氏不起訴へ、石川議員ら3人4日起訴(毎日新聞)
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相(産経新聞)
JAL問題で検証チーム=民主(時事通信)
羽毛恐竜、カラーで明らかに=化石で色素を初特定−中国(時事通信)
<長崎漁船沈没>救命胴衣290キロ漂流 鹿児島沖で発見(毎日新聞)

<大脳>「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も(毎日新聞)

 哺乳(ほにゅう)類の大脳の神経細胞が、外界からの刺激で大きく機能を変えることができる生後直後の特別な時期「臨界期」の後でも、機能変化を起こすことを理化学研究所の津本忠治チームリーダー(神経科学)らが発見した。脳の成長の仕組みを見直す成果で、人間の早期教育論にも影響しそうだ。米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」で27日発表した。

 生後数週〜15週くらいのネコの片目に長期間眼帯をかける実験をすると、眼帯を外した後もふさいだ目に対応する大脳の神経細胞が反応せず弱視になる。しかし、成長したネコに同様の実験をしても、神経細胞の変化は起きない。ヒトを含む哺乳類の多くで、生後間もない臨界期の脳だけが、外界の刺激に対して機能を大きく変えることが分かっていた。

 チームは臨界期中と臨界期後のマウスで目隠し実験をし、大脳皮質の視覚野で、ものの細部を見る役目を担う「興奮性細胞」と、輪郭をとらえる「抑制性細胞」の活動を個別に計測した。結果、臨界期中マウスは両細胞とも、ふさいだ目側の反応が落ちた。臨界期後のマウスは興奮性細胞は変化しなかったが、抑制性細胞は臨界期中マウスと同様に反応が落ちた。抑制性細胞は臨界期後も機能が変わる証拠という。

 津本チームリーダーは「大脳は臨界期後も一定の発達が可能ということを示せた。マウスの視覚野での実験だが、人間を含む他の動物や脳のほかの機能でも同様の仕組みがあるのではないか。臨界期を人間の早期教育の根拠とする意見もあるが、それを考え直す契機にもなるだろう」としている。【奥野敦史】

【関連ニュース】
大脳新皮質:成体でも新たな神経細胞 日本の研究班発見
てんかん:防止のたんぱく質を特定 日米のチームが
てんかん:発症防ぐ物質、日米チーム特定 発症の一因解明
脳:運動で若返る! 認知症治療薬に近い効果、マウス実験で証明−−東大研究チーム
大脳新皮質:成体も脳の神経細胞新生 藤田保健大など、ラットで確認

亀井氏、夫婦別姓法案に反対を表明(産経新聞)
<美濃まつり>作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞)
書籍データの破棄求める意見書=グーグル訴訟和解案にペンクラブ(時事通信)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
ハイチ大地震 復興支援へ陸自施設部隊派遣(産経新聞)

【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(57)(2)(産経新聞)

 □就職

 ■設計学び全国の建設現場へ 

 生まれは大阪府南部の河内長野市。田んぼと山が接近するところで育った。実家は父母と6人兄弟。最年長の兄のあとに姉が4人続き、自身は末っ子だった。

                   ◇

 一番上の兄とは14歳も離れていることもあり、父からはずいぶんとかわいがられ、甘やかされた記憶があります。父は仕事で家にいないことが多かったし、母も農作業で忙しかったので、姉たちが幼い私の面倒を見てくれました。

 とにかく自然豊かなところでしたので、子供のころの遊びも、野生の動物を捕まえたり、木の枝でチャンバラごっこをしたり。当時は風呂も薪を燃やして沸かしていたので、山に遊びに行ったときに薪を集めて帰宅することも多かった。

 中学までは地元の学校に通い、高校は大阪市阿倍野区にある桃山学院高校に進学しました。田舎から出てきたので、どこに行っても人が多いし、ネオンもまぶしく、「街やなあ」と感じました。あまり勉強はしないで、友達とよくミナミに繰り出し、遊んでばかりいました。

  

 ≪ヘルメットをかぶった現場監督にあこがれ、大学受験では工学部を目指すが、見事に全滅。夜学だった大阪工業大学短期大学部の建築学科に進んだ≫

  

 短大では心を入れ替えて熱心に勉強しました。余裕のある昼間は、姉の嫁ぎ先の鉄工所でアルバイトをさせてもらっていました。

 卒業後は、大阪市内の設計事務所に入社。全国各地のビルなどの建設現場に派遣され、設計書通りに建物ができあがっているかどうかをチェックする設計監理の仕事をしていました。

 現場では、仕事のパートナーである大手ゼネコンの社員にも「先生」と呼ばれていました。でも、よく理解できないことが多く、実力不足を感じてしまう。それを克服したくて専門書を読みまくりました。本気になって勉強し、27歳で1級建築士の資格を取りました。

 関東地方にある製鉄所の建設現場に派遣されたときでしたが、仕事で必要だったので、鉄をつくるプロセスや工法、鉄の種類などを頭に入れました。そこで学んだ知識が、のちに兄の急逝で鋼材会社の社長に突然就任して鉄の世界に飛び込んだときに、私をずいぶんと助けてくれたのです。(森田晶宏)

                   ◇

【メモ】梅南鋼材

 昭和31年に堂上勝己・現社長の父、光夫氏が大阪市西成区で創業。もとは鋼材の卸売りが主体だったが、勝己氏が社長になって以降は、より付加価値の高い鋼板の加工にシフト。現在では、粗利益ベースで全体の約3分の2を加工が占めるまでになった。曲げ加工や製缶、板金加工、レーザー加工などを幅広く手がけ、技術力の高さには定評がある。年間売上高は約6億円。本社・大阪市西成区。

無銭飲食強盗で無職男を再逮捕 大阪・生野区(産経新聞)
殺人は時効廃止、法制審部会が要綱骨子案(読売新聞)
フィリピン人少年を逮捕=塗装業者宅強盗容疑で警視庁(時事通信)
自民大島氏「3人同じように判断したい」ベテラン公認問題で(産経新聞)
ドイツ人の画家が東京タワーに不思議なアート(産経新聞)

子ども手当法案を閣議決定=政府(時事通信)

 政府は29日、中学卒業までの子ども1人当たり月1万3000円を支給する2010年度の子ども手当法案を閣議決定した。4月から施行するため、今通常国会で年度内の成立を目指す。
 10年度の支給に限った時限立法。子ども手当の一部として現行の児童手当を支給する仕組みとし、児童手当分の地方自治体と事業主の財源負担は残る形となる。 

【関連ニュース】
官房長官、通常国会18日召集を通知=衆院議運委理事会
通常国会、18日に召集=政府・民主が確認
国会18日召集で最終調整=参院選7月11日有力に
独法・公益法人に照準=来春着手、財源効果は不透明
通常国会1月18日にも召集=民主・山岡氏

節分 本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)
「秘書寮建て終え返済」=07年の4億円、元秘書供述−小沢氏23日聴取・東京地検(時事通信)
<著作権>松沢・神奈川知事が敗訴…著書の1カ所が「侵害」(毎日新聞)
今夜、2次補正衆院通過=来月の集中審議、党首討論で合意(時事通信)
「歩行者天国に突っ込んで多くの人を」計画は恐怖で3度躊躇(産経新聞)

公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁立を決定(産経新聞)

 公明党は29日、今夏に行われる参院選埼玉選挙区(改選数3)で、現職の西田実仁(まこと)参院議員(47)を擁立する方針を固めた。同選挙区では、候補擁立を見送る方針だった。西田氏のくら替え出馬が予定されていた比例代表には、長沢広明元衆院議員(51)を充てる。2月4日の党中央幹事会で正式決定する。

 同党は、昨年の衆院選では選挙区で全敗したため、参院選選挙区での候補擁立に慎重だった。だが、民主党が鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題で支持率を下げていることを踏まえ、28日の党中央幹事会で現有11議席の確保を目指すことを決定。同時に埼玉選挙区で擁立する方針を確認していた。

【関連記事】
2次補正予算成立も 専門家「景気浮揚効果薄い」
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」
首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず
公明、参院埼玉で独自候補を擁立へ
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相

党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)
笹川良一氏の孫名乗り5千万円詐欺容疑(読売新聞)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
名護市長選、投票終わる=普天間移設に影響(時事通信)
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果(産経新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
ライブチャット
クレジットカード現金化
競馬サイト
クレジットカード現金化 比較
情報商材
ショッピング枠現金化
現金化
借金整理
selected entries
archives
recent comment
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    AtoZ (08/29)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    志波康之 (01/14)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    桃医 (01/09)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    道隆 (01/03)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    ナーマソフト (12/24)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    晶太郎 (12/19)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    ゴンボ (12/16)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    夜沢課長 (12/07)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    ポロネーゼ (12/03)
  • 大嶽親方から事情聴取=野球賭博で警視庁(時事通信)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM